世界一ジャンクな祭り、テキサス揚げ物コンテスト

世界一ジャンクな祭り、テキサス揚げ物コンテスト

これはもう現代アメリカの食生活の象徴と言えるかも。極端だけど。
2015年04月23日に更新
このエントリーをはてなブックマークに追加 0

揚げバターの衝撃

多くの人を驚愕させた料理「揚げバター」。正直いって料理と認識していいものか疑問が残る。油をアブラで揚げるという、常識を覆す発想はappleやgoogleが産まれたアメリカならでは...である。
これがアイオワ州で大人気の「フライド・バター・オン・ア・スティック」だ。
出典:blogs.yahoo.co.jp
レシピはいたって簡単、かつ異常。バタースティック丸ごと一本に、シナモン・蜂蜜入りの衣をつけ、油で3分ほど揚げる。そして砂糖ソースをかければ出来上がり。 一口かじれば溶けたバターがドピュッと飛び出し、ズボンが汚れること必至。大人も子どもも唇と指をギトギトさせつつ「シナモンロールみたい」「フレンチトーストっぽいね」などとのたまい、むさぼり食うのである
出典:blogs.yahoo.co.jp

揚げバターの発祥

何が悪いって、テキサス揚げ物コンテストである。同コンテストこそが、揚げバターを世に知らしめたのだから。本当に狂ったコンテストである。
この料理(?)、元々はテキサス州最大の祭典ステイト・フェアでの「揚げ物コンテスト」が発祥である。
同コンテストでは「おいしいで賞」("Best Tast")とは別に、「面白いで賞」("Most Creative")というネタ企画も催しており、その栄誉を2009年に獲得したのが、揚げバターだった。ただ受賞時のサンプルはバターの量も少なく、卵や塩で味を調整したボール状のもの。それでも充分ヤバくはあるが、まだ可愛らしいと言える余地のある調理法だった。実際、この「フライド・バター・ボール」が今のところ南部および中西部で食べられている揚げバターの主流であるようだ。
出典:blogs.yahoo.co.jp
このコンテスト、テキサスで催されるお祭りの一部である。以下がそのお祭りの詳細と、公式ページである。
テキサス州がテーマの祭典で、言ってみれば秋祭り。スタートしたのは126年も前の1886年。

会場のフェアパークには毎年約のべ270万人以上の観客が集まります。毎年の観客動員数は、アメリカの数あるフェアの中で一番だそうです。伝統的な各種展示や家畜のショー、出店やテキサススター(北米最大の観覧車)、有名な高さ16メートルのビッグテックス(しゃべるカウボーイ人形)が展示されます。「フェネルケーキ」「ベーコンのフライ」など何でも揚げてしまうコンテストも有名です。
出典:tokuhain.arukikata.co.jp
ちなみにテキサス州ステイト・フェアの揚げものコンテスト。揚げバターの翌2010年に面白いで賞を受賞したのが「揚げビール」、さらに「揚げバブルガム」「揚げジャンバラヤ」「揚げ感謝祭ディナー(七面鳥、パン、コーン、ジャガイモなどをぐちゃぐちゃ混ぜて揚げたもの)」と続いている......。もはやアメリカ人の「肥満脳」は、とんでもない地点にまで到達しているようだ。
出典:blogs.yahoo.co.jp

なんとビールまで揚げてしまった!

テキサスの調理師が3年間の試行錯誤の末に、世界初の「揚げビール」なる料理のレシピを編み出したそうです。揚げてあるにもかかわらずビールのアルコールはとんでいないため、州の最低飲酒年齢である21歳以上でないと注文できないメニューになっているとのこと。
出典:gigazine.net
しかしこの「揚げビール」は、ビールを凍らせることなく液体のままラビオリのような形の生地で包み高温の油でサッと揚げることにより、中のビールはアルコールを含んだ液体の状態のままで提供されるそうです。カリッとプレッツェルのような食感になった生地から、かんだ瞬間にビールがジュワッとあふれ出すようになっているそうで、まだ発売前なので人々の評価はわかりませんが、開発した料理人はその「絶妙な味覚のセンセーション」にかなりの自信を持っているようです。
出典:gigazine.net

関連記事

関連した記事をピックアップ

徴兵制を持つ永世中立国、スイスの闇

徴兵制を持つ永世中立国、スイスの闇

スイスというと平和な国というイメージがありますよね? 実は徴兵制度を持ち、武器もたくさん輸出しているのです。
Abbey
【動画あり】ドバイ警察のパトカーは世界最速、価格は2億円!?

【動画あり】ドバイ警察のパトカーは世界最速、価格は2億円!?

ドバイ警察のパトカーがかっこよすぎることは以前から有名でしたが、今回その中の1台が2億円もすると話題になっています。
Abbey
オーストラリアで使われる独特の英語

オーストラリアで使われる独特の英語

英語とひとくくりにいいつつも、世界に英語は様々。
Abbey
【動画】驚くほど立体的な絵を誰でも簡単に描ける! その方法とは?

【動画】驚くほど立体的な絵を誰でも簡単に描ける! その方法とは?

立体的に見えるアートを誰でも作成! 絵の上手さは必要ありません!
Abbey
世界最強のパスポートはどの国!? 日本の順位は...

世界最強のパスポートはどの国!? 日本の順位は...

パスポートには"強さ"があるって知ってましたか?
Abbey

人気記事

人気記事をピックアップ

絶対に食べたくない「ウナギのゼリー」、産まれはイギリス

絶対に食べたくない「ウナギのゼリー」、産まれはイギリス

料理がまずいという偏見を持たれるイギリス。そのイメージを加速させることになりそうだ。
Abbey
自然界に存在する唯一の立方体? 「パイライト」という不思議な鉱物

自然界に存在する唯一の立方体? 「パイライト」という不思議な鉱物

自然界に直線は存在しないと言われていますが、パイライトは天然であるにも関わらず綺麗な立方体をしているって本当!?
Abbey
はと胸どころではない、マッチョな謎の鳩

はと胸どころではない、マッチョな謎の鳩

世界にはまだまだ色々な動物がいますね。
Abbey
衝撃!収穫前のカシューナッツの見た目が予想外すぎる

衝撃!収穫前のカシューナッツの見た目が予想外すぎる

おやつやおつまみに気軽に食べられるカシューナッツ。まさかあんな姿だったとは、、、
Abbey
モッフモフの毛虫、ボリビアバグ【触ると死ぬ】

モッフモフの毛虫、ボリビアバグ【触ると死ぬ】

パッと見て、触っちゃいけないって分かる。
Abbey

カテゴリー一覧

トップカテゴリーの一覧

Abbey
しばらくの間、沖縄まとめ「沖縄時間」で記事を書くことにします~ みなさんそちらも覗いてみてください~

ランキング

昨日人気のあった記事

もっと見る

キーワード

編集部が選ぶ、ピックアップ